カテゴリ:S.R.B SG( 5 )


2010年 03月 30日

S.R.B SG Part4

コントロールユニット(モード2)の設定が低めのパワーになっている理由がわかった。モード4でフルパワーを使うとさすがにピッチアップ機構やローターの剛性が不足して、ループの引き起こし時にエレベーターがパコーンとはいってしまう。しかしそのことがわかれば、ピッチをぬいて進入しピッチアップで上向に慣性を与え背面ではマイナスピッチで上にひっぱりハーフスロットルでスムーズにひきおこせばより大きなループができるし低空でも不安がない。ロールも機速がつくので長いレートが可能だ。ただ重たいバッテリーが下についてるためか起き上がるのが少し速い。ピッチ操作に余裕のある方はモード4を、中級者の方はモード2が無難だろう。
この辺のHiroboの心配りはすばらしい。これはいいヘリだよ。ちょっと高いけど。
b0126649_13101341.jpg


by staticmodel | 2010-03-30 13:11 | S.R.B SG | Comments(0)
2010年 03月 26日

S.R.B Quark SG Part3

受信モード2(ユニット側の設定での飛行)でのモニター機の製作はタカシくんによるとOKとのこと。つづいて受信モード4の設定について注意点を習った。
ユニットの設定をモード4に。使用送信機はFF10だ。
b0126649_1723383.jpg


More 続きを読む。

by staticmodel | 2010-03-26 17:41 | S.R.B SG | Comments(0)
2010年 03月 16日

S.R.B Quark SG Part2

制御ユニットの内部設定でループやロールができた。ロールはフリップのようになってしまったが舵の具合が解ったので慣れればそこそこのロールができるだろう。それにしてもこんなヘリ(失礼)がピッチングもなくよくまっすぐ飛ぶものだと感心してしまう。
b0126649_16960.jpg


More 続きを読む。

by staticmodel | 2010-03-16 01:24 | S.R.B SG | Comments(0)
2010年 02月 27日

2月27日 舟本飛行場

今日は S.R.B SG のアウトドアの初飛行だ。
b0126649_1838674.jpg
S.R.Bのアウトドアの飛びを知っている僕は正直言うとこのヘリに疑問を持っていた。剛性のないローターとリンケージで風の中をまっすぐに飛行できるのかと。中国製の安いフルセットでパワーもあり舵もきくがピッチングしてまっすぐとばないやつ、いくら儲かっても絶対に売らない。飛ばしていて開発者の情熱が伝わってこないヘリはいらない。ところがこの SG よくできている。アイドルアップをいれて走らせるとちゃんとラインをトレースできる。とりあえずウイングオーバーぐらいまではやってみた。まだパーツもないしもう少し慣れないと。
58,000円が高いか安いかは何とも言えないがこの大きさでこの性能が欲しければ買うしかないだろう。
b0126649_19433371.jpg
b0126649_19484079.jpg
b0126649_19485189.jpg


by staticmodel | 2010-02-27 19:53 | S.R.B SG | Comments(0)
2010年 02月 26日

HIROBO S.R.B Second Generation

S.R.B SGの量産試作機が送られてきた。販売する前に各地のサービスステーションにて実際にキットを組み立てて、飛行してもらい、そのデーターを基にさらに製品を熟成させようとの考えだ。またサービスステーションもいち早く機体の機能、構造を理解することが出来、お客様により良いサービスが提供できるようになる。

組み立てていて、えっと思う箇所もあったが皆さんのお手元に届くころには、すっかり改良されていることだろう。
b0126649_0145921.jpg
もちろん可変ピッチだ。センターハブは金属。
こうして組み立てていると、固定ピッチのS.R.Bもキットもあればよかったと思う。第一落としてもあわてないでいい。
b0126649_0215716.jpg
b0126649_0221710.jpg
樹脂のレバー等はこんな段付ビスで固定される。精度が高くしっかり締めてもスムーズに動く。
b0126649_02703.jpg
こんな配慮もされるようになった。
b0126649_0273360.jpg
送ってきた機体は72Mのハイバンドだった。手持ちのクリスタルがなっかたのでシンセのついている14MZを使った。まさかこのプロポをPPMで使用するとは思わなかった。残念ながら2.4GHzは用意されていない。
b0126649_0391539.jpg
テールローターの駆動はブラシレスモーターのダイレクト。
b0126649_0442315.jpg
発泡のメインローターは準対称。
b0126649_048835.jpg
このコントロールユニットのおかげでスワッシュモードの無い送信機でもOK。アイドルアップの機能も5ch目で設定できるし微調整も可能だ。アイドルアップが必要なければX.R.BやS.R.B.の送信機でも飛行できる。
b0126649_0592218.jpg
b0126649_0594734.jpg
3セルになってS.R.Bよりローターが大きくなった。
b0126649_121557.jpg
LEDの表示でメインローターの回転数が確認できる。橙点灯であれば2150~2400rpmでOK。説明書どうりに作ればトラッキングも合っていたし回転数もOKだった。
b0126649_126237.jpg
b0126649_1264322.jpg
適正回転数の幅が広いのでインドアメインに設定したらS.R.Bと同等に狭い空間でも飛行できるようになった。(すこし低めがいいようだ。)
さあ、週末はアウトドアでスタントだ。乞ご期待。

by staticmodel | 2010-02-26 01:27 | S.R.B SG | Comments(0)