static diary

static08.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 15日

1月15日 舟本飛行場

昼から少し時間ができたので出かけた。案の定誰もいない。ところが風は4~5mで順風。今年はついてるのかな。ただ風が流れてるのではなく時々塊で飛んでくるといった感じ。飛行機が45度ぐらい振られることがある。15度ルールで2点とか3点とか引かれていくと点がなくなるな~とか思いながら2フライトで切り上げた。
アップスラストを(機体の素組みの状態からスラストをアップに調整した。中国製AFRなのでスラストがちゃんとついているか不明)をつけてから重心をさげても違和感がなく、当然ストールターンやローリングループが楽になった。スラストについてはいままでサイドしか考えなかったがアップ(ダウン)スラストと重心の関係もしっかりと調整しないとダメなんだろうな。
b0126649_157094.jpg


Wind S 110E 2-36

by staticmodel | 2011-01-15 15:11 | 飛行場日記 | Comments(2)
Commented by H田 at 2011-01-15 18:10 x
ご無沙汰しています。去年の夏にお世話になり、その節は本当にありがとうございました。
ブログは、良く拝見させていただいております。熱心にF3Aの練習に励んでおられる様子が伝わってきます。
今年は、我々も電動フルサイズF3Aを始める事にしました。先日も、私達のクラブ員の面白いブログで有名な方のアシュラーC EPを息子が飛ばさせていただきました。
EPの利点は、何と言っても振動の少なさです。これによって、ロールの止めがハッキリ判るアクションが可能な事です。これが出せるとジャッジの評価が一点上がります。飛ばし終えたフライトインプレッションは、安定速度域での据わりの良さは特筆するものが有り、近めの演技をするには、明らかに有利だと言っていました。
ただ、エンジン機にはエンジン機の電動機には電動機の良さが有るので、長所を引き出す努力が必要だなぁ・・なんて考えています。
今後も、頑張って練習に励んで下さい。
また、機会が有ればご一緒したいですね。
Commented by staticmodel at 2011-01-15 19:18
おひさしぶりです。そしてこのブログを見ていただきありがとうございます。実はおよそ1年前に飛行機を始めて、すこしでも情報を得ようとF3Aの方々のいろんなブログを見ていました。その中でたどり着いた 嫁よりRC というブログ(とてもおもしろいのでしょっちゅう見てます。)で選手と助手の会話が紹介されてました。僕はなぜかその会話に惹かれてしまっていつかこんな方々と一緒にF3Aを楽しめたらと思っていました。ところがその当人とお知り合いになれるなんて、人の縁の不思議さに驚いています。次にお会いできるのを楽しみにしています。よろしくおねがいします。


<< HP-LG325-5000-S...      Super Gracy Type2 >>