static diary

static08.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 11日

FF10の4エルロン(複葉機のエルロン4サーボ仕様)ミキシング

Miss Wind 50 はFF10を使った。14MZを使えば簡単にセッティングができるが、お客様がみんな14MZを持っているわけではない。それでスタンダードなFF10でやってみることにした。
最初、TYPEはACROBATICを使いエルロン3、エルロン4は空きチャンネルにいれてプログラムミキシングで動作させた。問題なく動作するのだが、ナイフエッジのくせ取りでラダーからエルロンにミキシングがリンクをかけても1サーボしか動かない。4つのサーボを動かすには4つのミキシングが必要だ。そんなことはめんどくさくてやってられない。
そこでTYPEをグライダーにして2エルロン、2フラップの機能をつかってみた。
b0126649_1428147.jpg

エルロン→フラップを使いフラップをエルロンと同じように動かす。
b0126649_16165537.jpg

数値をすべて100にするとエルロンと同じ振り幅となる。
b0126649_16184446.jpg

動作の方向はリバースを使い合わせる。僕の機体はたまたますべてリバースだった。
b0126649_16242577.jpg

ラダーからエルロンのプログラムミキシングはLINKをONにすると1つのミキシングで4サーボが動き出す。
b0126649_16331124.jpg

スロットルカーブはデュアル、エキスポのCH3 ARBKで設定できる。
b0126649_16403420.jpg

ところがトリムがエルロンの2サーボしか動かない。
僕の機体はエルロンがトリムゼロなので問題ないのだが。まあサブトリムとの併用で何とかなると思う。4つもプログラムミキシングをかけるよりはましでしょう。
解決方法がみつかればまたUPします。

バタフライの機能を使うとブレーキが設定できる。
b0126649_1783259.jpg
b0126649_1785416.jpg

双葉電子の音田哲男君が LITTLE BELLANCA さんの電動飛行機大会のデモフライトでPITTS PYTHON 50EでP11の演技の後こんな風にエルロンを動かして急降下着陸をやっていた。興味のある方はこちら
尚、音田君は8FGを使用とのことで、僕の設定と多分違うと思います。それとブレーキは強力だが失速しやすくかなりリスキーだそうです。一応念のため。

by staticmodel | 2010-02-11 17:29 | プロポ設定


<< F3A F11      2月7日 舟本飛行場 >>